素敵な夫婦に出会った話

素敵な夫婦に出会った話:アトリエ永日

僕の父は岐阜の山奥で生まれ育ちました。
祖父母はすでに他界し、住んでいたおうちは空き家となっておりますが、
畑や田の草刈りなど年に数回は訪れます。

訪ねるたびに幼少期に裏の山や山道、畑仕事など田舎的な記憶と現在の景色・風貌の変化の差に悲しく思うわけです。
畑だった場所には太陽光パネルが敷き詰められ、無駄に整地された道路など、
THE田舎の景色は少なくなってきています。

と、嘆くものの僕自身が何かできるわけでもないので、
一人悲しむだけなのですが、去年草刈りで訪れた際に素敵な出会いがありました。


草刈り終わりに親とダラダラ歩き戻っていたとき、
たまたま外で作業されていたご夫婦に声をかけてもらいお話をしました。
そのご夫婦は実家近くに戻ってきて、空き家となっていたご近所さんちで暮らすために2人で改修工事を始めたとのこと。
いろいろお話もし、中を見させてもらったことがきっかけで、
祖父母の家を訪ねる際はその現場にもお邪魔するのがセットになりました(^^)

山県市改修工事1


ご主人はもともと大工ではなく違う職をされていたのですが、
専門設備のこと以外は、解体から大工作業をほぼ一人でこなされており、とてもすんごいのです。

現場内で一緒にお話をしているとやはりおさまりが気になってきます、、
「ここはどーするんですか?ここ難しそうですねー。」っとかなり先輩に対してちょっかい出しな感じになってしまいます。反省せねば、、



という出会いがあり、今日は奥様から電気関係や細かいところの相談に来てくださいと召喚されたので伺ってきました。
相談事を解決していきながらも、相変わらず明るく楽しそうに動いている姿を受け、
日々の行動をもっと良いものにしなければとつくづく感じ、勉強させてもらった気持ちになりました。


まだまだ完成までは時間かかりそうですが、
少しでも早く完成して豊かな空間で過ごす時間が長いものになるといいなと思ってます。
そのためにもまたお伺いしてお手伝いできれば嬉しいものです。
(近々、電気屋と一緒に作業しに行きます笑)


山県市改修工事2
山県市改修工事3
山県市改修工事4
山県市改修工事5
山県市改修工事6
山県市改修工事7
山県市改修工事8
blog よく読まれている記事
2023.08.30

悩ましい鉄骨階段の意匠

建て方に向け、基礎工事が完了し土台を伏せにかかっている大垣市の新築住宅現場と、金額調整中の輪之内町の新築住宅では鉄骨階段を設えることとなっています。 鉄骨階段を設計する際、いつも悩むことになるポイントが2つあります。 まず最初に、「ささら桁の床へのおさめ方」です。何も考えずに(一般的には)検討していくとスチールのささら桁は上部から斜めに床に向かって下りてきますが、1段目付近で床に垂直に曲がっておさ

2022.04.29

豊田市民芸館,民芸の森

先日、以前勤めていた事務所の時に担当させてもらったお施主様から 「元気にしてますか?」 と連絡を頂きまして、僕が独立をしたことや最近の活動についてお話をしていたところ、 お会いしましょうとなり、本日 豊田市の方へ伺ってきました。 新居に入られてその後の生活をお聞きしました。 ちゃんとした素材を一つ一つ大工さんや職人さんが作り上げていく建物なので、素材による多少の不具合はあったそうですが(完成後1年

2022.10.13

現場写真

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ