清須市の新築現場

2023.03.03現場
清須市の新築現場:アトリエ永日

清須市の現場の確認に伺ってきました。

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による清須市の新築住宅現場



内部のボード張りもほぼ終わってきており、
空間の広さが体感できるようになってきました。
僕が一方的にお伝えすることしかできないようなことを施主にも体感してもらえる段階ですね。
出来上がった時の広さや動線長さなどを体感してもらい、施主も安心しているのではないでしょうか。

これからボードのベージュ空間から仕上げへと進んでいきます。
良い空間が出来上がっていく楽しみを都度、
施主と共有して進めてまいります。

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による清須市新築住宅
岐阜市の設計事務所アトリエ永日による清須市新築住宅現場写真2
岐阜市の設計事務所アトリエ永日による清須市新築住宅現場写真3
岐阜市の設計事務所アトリエ永日による清須市新築住宅現場写真4
blog よく読まれている記事
2023.05.31

壁天井に塗装を選択する際は心をおおらかに

僕は壁の仕上げを塗装とすることが多いです。本当は漆喰や左官で仕上げたいですが、クライアントの予算も限られているため塗装で豊かな空間を表現することが多いです。 ツルツルでシャープな感じにしたいときはEP塗装もやもや感やしっとり感を出したいときは石灰や遊び砂などを混ぜたEP塗装たまにクライアントが「これが良いです!」というポーターズペイントなどなど。 どれも目指した空間を表現できる手段ですが、必ずと言

2022.11.07

羽島市の新築現場

春先から進めております羽島市での新築住宅工事が大詰めとなってまいりました。 内部はボード張りが終わり、塗装工事真っ最中。並行してタイル張りや石張りなどの左官工事も進み、仕上がりが見えるようになってきました。 外部はジョリパットの段取り中で、この吹付が終わると外部工事がほぼ終わり、脚場がばれます。 今までは脚場にネットがかかっていた為、うっすらとでしか外観は確認できませんでしたが、やっと見ることがで

2023.08.09

大垣市の新築住宅(配筋検査)

本日朝一で大垣市の新築住宅の配筋検査に伺ってきました。 図面通り配筋がされており、指摘する箇所がなかったので監理者として少し物足りない気もしましたが、「これで良いのだ」と心の中で呟いてました。 基礎配筋は瑕疵保険が定めている配筋表からスパンなどを照らし合わせ決めていきますが、構造計算をした場合はこれに限らず自由に設計できます。 一般的な住宅の場合、ベースはD13@200が基本となります。僕が建築を

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ