ガルバリウム鋼鈑外壁(輪之内町の新築住宅)

2024.01.17現場
ガルバリウム鋼鈑外壁(輪之内町の新築住宅):アトリエ永日
  • home
  • blog
  • 現場
  • ガルバリウム鋼鈑外壁(輪之内町の新築住宅)

輪之内の現場では内部の壁天井下地が進み、ボードが張られてきています。
天窓の開口部もボードが張られ、ぼんやりと明るさが分かるようになりました。
玄関入って正面上部のロフト部分に設けているためかなり気になるポイントでもありましたが、とても良い感じで安心しました。


輪之内町の新築住宅 天窓
輪之内町の新築住宅 天窓



併せて、外部ではガルバリウム鋼鈑の波板と竪ハゼが進んでいます。

輪之内町の新築住宅



このおうちでは施主の要望で軒樋なしとし、竪ハゼで葺いた切妻屋根のハゼがそのまま外壁につながっていく意匠としています。
そのため雨が壁内部に入っていかないよう、工務店と一緒に検討を重ねてきました。

輪之内町の新築住宅




この日は施主と一緒に現場を見て回り、おさまりとか下地とか出来上がった部分とか、、説明しながら思いが間違っていないか様子見しながら楽しく過ごせました。

輪之内町の新築住宅 基礎
輪之内町の新築住宅 物干しパイプ
物干しスペースのパイプは留め部が見えないよう下地内に納めている
輪之内町の新築住宅 窓
ダキおさまりのアルミサッシ
輪之内町の新築住宅 窓
玄関3枚引き違い戸の上枠
blog よく読まれている記事
2024.04.24

見学会にて思うこと(輪之内町の平屋)

お施主様のご厚意を頂きまして、輪之内町にて平屋の完成見学会を行っております。予約制とさせて頂き、各組1時間を想定してご案内しています。 今回は平日に来ていただける方が多く、時間にゆとりのある案内ができておりますが、必ずと言っていいほど、1.5時間、2時間くらいの時間を過ごしています。 施主の想いと、僕の想い、意匠的なことと使い勝手など、、このおうちが完成するまでお施主様と一緒に考え抜いたものですの

2023.04.14

インターホン,給湯リモコン位置について

施主から設計依頼を頂き、プランを考えている際にも頭の片隅にはありますが、本格的に話が進み、実施図面作成の段階になってからはさらに深く考えることがたくさんあります。 そのうちの一つにインターホンと給湯リモコンの位置です。インターホンの外部側については、玄関先まで来客を招きたいのか、あまり近くまで寄せたくないのか施主に確認して決めやすいのですが、インターホンの内部側についてはかなり悩みます。大体はLD

2022.04.22

見えないものを建築する

建築する 設計する というと建物の形や室内の素材、意匠的な決定などを思い浮かべがちだと思いますが、 僕が思う建築の設計は、 まずはそれを使う人が使いやすいようにすること そして、 完成した建築の場に立った人の心理や、 建築の空気感を考えることだと思っています。 それを表現するために今まで培ってきた知識を用いて、 素材、形、広さ、目線の先、手触り感などいろんなことを寸法と言葉で表し、 図面 に落とし

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ