京都探訪

2022.12.22フォトログ雑記
京都探訪:アトリエ永日

今秋に計画していた京都旅行は、仕事の都合で2回も延期としてしまい家族には申し訳ない思いでいたのですが、やっと行くことができました。

2歳のお子と行くので、訪ねる場所はおのずとお子メインとなり、水族館と鉄道博物館。

その合間をぬってお寺やまだ訪ねたことのない街並みを散策して写真撮ろうかと思ってました。

ですが、やはり2歳は強く、自分たちの時間などもてませんでした。。。

お子と過ごすというのは予定外に時間がかかるし、

機嫌を損ねてしまえば、さらに体力を使う、自分の機嫌も悪くなってしまう。

しかしそれ以上に我が子が喜ぶ顔でリセットされ、そして抜群にかわいい。

最近はお子自身、いろいろ考えることができるようになり感情も強くなってきた。

朝保育園に行くときは離れたくないとギャン泣き、嫌がるお子を半分叱りながら連れ入れるのと同時にこれでいいのかと悩み始める。

よくもまぁ毎日お子に対する悩みが尽きぬものだとあらためて思う。

これだけ悩んで、迷って、苦悩な毎日でも一日が過ぎるのは本当に早い。

いま悩んでいることは2か月後、また違った悩みを抱え過ごしているに違いない笑

そう思うと悩みをもたないよう感情をコントロールするのが大切だなと思う。

はなしを戻して、京都はお子との時間でいっぱいとなってしまったので、

次回また訪ねるときは少しでも成長したお子と街を歩けれるよう願うばかり。

京都探訪
京都探訪
京都探訪
京都探訪
京都探訪

タグ:
blog よく読まれている記事
2022.03.01

建物を計画する上で窓は非常に大切な要素と考えています 住宅の窓に関して、 大きければたくさん光も入ってくるしイメージ的には良いかもしれませんが、 実際はその敷地や隣家との関係、方角などを考慮して決めないと死んだ窓になりかねません 建売住宅や分譲地のプランを見るとリビングの大きい窓の外は常時使用する駐車スペースとなっていたり、隣家から丸見えになっていたりすることが多いですが、果たして豊かな生活を送れ

2023.08.30

悩ましい鉄骨階段の意匠

建て方に向け、基礎工事が完了し土台を伏せにかかっている大垣市の新築住宅現場と、金額調整中の輪之内町の新築住宅では鉄骨階段を設えることとなっています。 鉄骨階段を設計する際、いつも悩むことになるポイントが2つあります。 まず最初に、「ささら桁の床へのおさめ方」です。何も考えずに(一般的には)検討していくとスチールのささら桁は上部から斜めに床に向かって下りてきますが、1段目付近で床に垂直に曲がっておさ

2022.04.29

豊田市民芸館,民芸の森

先日、以前勤めていた事務所の時に担当させてもらったお施主様から 「元気にしてますか?」 と連絡を頂きまして、僕が独立をしたことや最近の活動についてお話をしていたところ、 お会いしましょうとなり、本日 豊田市の方へ伺ってきました。 新居に入られてその後の生活をお聞きしました。 ちゃんとした素材を一つ一つ大工さんや職人さんが作り上げていく建物なので、素材による多少の不具合はあったそうですが(完成後1年

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ