椅子考察

2023.02.14雑記
椅子考察:アトリエ永日

昨年末あたりから事務所で使用するお客様用の椅子をどのようなものにするか

かなり悩んでおりました。

べたにウェグナーにするならCH23が良い。(Yチェアは僕には全く合わずその前に製作されたCH23の方が座り心地が良いと思う。)はたまたモラーか、、 モーエンセンか、、お値打ちにむじ、、?



悩むだけ時間の浪費となりそうだったので、

我が家のダイニングチェアを作っていただいた「coya fine furniture」の小柳さんhttps://www.instagram.com/coya_fine_furniture/

新しく未発表の椅子を考えてもらい、制作をお願いすることにした。



依頼するにあたり、いくつか要望をお伝えして、「あとはお任せします!!小柳さん色を出したものでお願いします!」とだけお伝えして、年明け早々ぶん投げておりました。



そして本日、事務所に製作案をお持ちいただき打ち合わせを致しました。

ダイニングテーブルに椅子のひじ掛けを掛け、浮かせることによってお掃除ロボが干渉せず下を通るようにするというまず第一の要望があり、寸法的にクリアした中でいかに素敵な意匠となっているかを楽しみに初案を拝見。


お掃除ロボが広まってからは、設計する際にお掃除ロボを入れるかどうか必ず伺っているのですが、8割方購入するという感覚です。

もはやみなさん導入するということなので、家事負担を減らすためにも、お掃除ロボくんの負担を軽くするためにも椅子は浮かせたいと常々思ってました。
ネットで検索すればそういった椅子はいくつかあるものの全くもって美しい椅子はありません。


という思いを小柳さんに託し、出てきた案は図面ではありますが素敵でした。

背の曲げからひじ掛けへ繋がるラインはきっと艶めかしいと思う。

座面はファブリックとペーパーコード(封筒編み)を1脚ずつ、

打合せ後はファブリックの選定でかなり悩んでます。


3月中に仕上がってくるそうなのでご興味ある方は座りに来てくださいね(^^)
(しかし依頼しておいてなんですが事務所にはお掃除ロボはおりません、、、)



住宅や店舗が完成した際に、豊かな空間が出来上がったとしても家具によって空間を損なうこともありますので、今回のように家具も都度設計していきたいものです。
予算が限られてきますのでそこまで回せることが少ないですが、設計当初からそれを込みで進めれるとより楽しくなりそうですね。

今回依頼させて頂いた椅子初案




blog よく読まれている記事
2024.01.20

大垣市の新築住宅(クリーニング終了)

クリーニングも終わり、ちょこっとした仕上げを残すだけとなった大垣市の新築住宅。階段の1段目をそのままソファにつながるおさまりとしたため、オリジナルのソファクッションを置くこととしています。施主と相談する中でシンプルな単色のものが気になるということから、Ribacoの中から選定することに。ファブリックは日本大手だとSINCOLやSANGETSUですが、なかなかきれいな単色生地はなく、原色系やちょっと

2022.03.01

建物を計画する上で窓は非常に大切な要素と考えています 住宅の窓に関して、 大きければたくさん光も入ってくるしイメージ的には良いかもしれませんが、 実際はその敷地や隣家との関係、方角などを考慮して決めないと死んだ窓になりかねません 建売住宅や分譲地のプランを見るとリビングの大きい窓の外は常時使用する駐車スペースとなっていたり、隣家から丸見えになっていたりすることが多いですが、果たして豊かな生活を送れ

2022.03.11

名古屋の改修現場

現在進行している名古屋の改修現場もいよいよ仕上げの段階に入りました。 壁と天井の塗装が仕上がり、少しずつ器具が付き始めたので、 今まで想像するしかなかった空間がやっと目視で体感できます。 僕自身は今までの経験などで大体は想像つくのですが、 施主からしてみれば、オリジナルな空間を想像して、妄想して、 一緒に作り上げているので、分からない部分や不安な気持ちがあるはずです。 その都度、説明したりサンプル

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ