椅子考察

2023.02.14雑記
椅子考察:アトリエ永日

昨年末あたりから事務所で使用するお客様用の椅子をどのようなものにするか

かなり悩んでおりました。

べたにウェグナーにするならCH23が良い。(Yチェアは僕には全く合わずその前に製作されたCH23の方が座り心地が良いと思う。)はたまたモラーか、、 モーエンセンか、、お値打ちにむじ、、?



悩むだけ時間の浪費となりそうだったので、

我が家のダイニングチェアを作っていただいた「coya fine furniture」の小柳さんhttps://www.instagram.com/coya_fine_furniture/

新しく未発表の椅子を考えてもらい、制作をお願いすることにした。



依頼するにあたり、いくつか要望をお伝えして、「あとはお任せします!!小柳さん色を出したものでお願いします!」とだけお伝えして、年明け早々ぶん投げておりました。



そして本日、事務所に製作案をお持ちいただき打ち合わせを致しました。

ダイニングテーブルに椅子のひじ掛けを掛け、浮かせることによってお掃除ロボが干渉せず下を通るようにするというまず第一の要望があり、寸法的にクリアした中でいかに素敵な意匠となっているかを楽しみに初案を拝見。


お掃除ロボが広まってからは、設計する際にお掃除ロボを入れるかどうか必ず伺っているのですが、8割方購入するという感覚です。

もはやみなさん導入するということなので、家事負担を減らすためにも、お掃除ロボくんの負担を軽くするためにも椅子は浮かせたいと常々思ってました。
ネットで検索すればそういった椅子はいくつかあるものの全くもって美しい椅子はありません。


という思いを小柳さんに託し、出てきた案は図面ではありますが素敵でした。

背の曲げからひじ掛けへ繋がるラインはきっと艶めかしいと思う。

座面はファブリックとペーパーコード(封筒編み)を1脚ずつ、

打合せ後はファブリックの選定でかなり悩んでます。


3月中に仕上がってくるそうなのでご興味ある方は座りに来てくださいね(^^)
(しかし依頼しておいてなんですが事務所にはお掃除ロボはおりません、、、)



住宅や店舗が完成した際に、豊かな空間が出来上がったとしても家具によって空間を損なうこともありますので、今回のように家具も都度設計していきたいものです。
予算が限られてきますのでそこまで回せることが少ないですが、設計当初からそれを込みで進めれるとより楽しくなりそうですね。

今回依頼させて頂いた椅子初案




blog よく読まれている記事
2023.03.03

素敵な夫婦に出会った話

僕の父は岐阜の山奥で生まれ育ちました。祖父母はすでに他界し、住んでいたおうちは空き家となっておりますが、畑や田の草刈りなど年に数回は訪れます。 訪ねるたびに幼少期に裏の山や山道、畑仕事など田舎的な記憶と現在の景色・風貌の変化の差に悲しく思うわけです。畑だった場所には太陽光パネルが敷き詰められ、無駄に整地された道路など、THE田舎の景色は少なくなってきています。 と、嘆くものの僕自身が何かできるわけ

2022.03.01

コンセプト

他社のHPや雑誌を見ていると「この家のコンセプトは〜」と謳っていますが そんなものあってないようなものです 風が通る〜とか景色が見える〜 といったことはその土地の特徴を掴み、 良さを出すための要素なので当たり前だと考えます それを踏まえた上で、そこで過ごす人たちに見合っていて、豊かに過ごしてもらうにはどのように設計をしたら良いのかと深く考え、表現していきたいと思います

2023.09.08

上棟-大垣市の新築住宅

昨日、無事に上棟を迎えることができました。前日までは台風の影響があるかも、、と心配してましたが、気持ちの良い天気の中進めることができました。 木造2階建てではありますが、2階部分が2部屋とヌックスペースのみなのでほぼ平屋的なおうちとなるためか、午前中の作業がはかどり、屋根垂木を掛け終わるところまで進みました。 午後は屋根垂木上に野地板、シージングボード、ルーフィング貼り。筋交い、構造金物など細かい

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ