上棟(輪之内町の新築住宅)

2023.11.14フォトログ現場
上棟(輪之内町の新築住宅):アトリエ永日

先週末に輪之内町にて新築住宅の上棟を迎えました。

朝8時開始に伴い、施主・監督さんとともに僕も挨拶をさせて頂き、予定通り作業開始。

平屋ということもあり、あっという間に柱と梁が接合され、同時に傾きなども直されていきました。
午前の作業ではスチール階段や垂木を掛ける前まで進み、お昼休憩を挟んで、垂木・合板・防音シート・ルーフィング、
天窓取り付け、壁ボードまで進みました。

輪之内町の新築住宅 上棟 スチール階段
上棟後では取り付けが大変なため屋根を伏せる前にスチール階段搬入
輪之内町の新築住宅 上棟1

秩序をもった垂木が並んでいるさまは綺麗でいつもワクワクします。
完成するとボードで隠れ、小屋裏内となってしまう為、これから1.2か月くらいの間しか見ることができません。

輪之内町の新築住宅 上棟 垂木
輪之内町の新築住宅 上棟2
輪之内町の新築住宅 上棟3

この輪之内の住宅では西側に広がる景色を眺めれるよう各空間に開口部を設けています。
西日を直で受けてしまう敷地なので、開口部のサイズ感やどのように見せていくか、どのように遮蔽するかを検討してきました。
実際に施主と一緒に現場で開口部を確認するとイメージしていた以上に良い!
施主様にも喜んでもらえ、上棟後の楽しい内部体験時間となりました。

輪之内町の新築住宅 上棟 開口部
輪之内町の新築住宅 景色


このおうちでは、施主からの要望でもある軒樋なしで、屋根と外壁をつなげる意匠としています。
他にもヌックスペースやロフト空間、珈琲を楽しむ個スペースなど居場所がたくさんある空間となります。
前回行ったオープンハウスの見学に来ていただいてから計画が始まり、
打ち合わせを重ねて約1年、上棟を迎えました。



今までは事務所内で打ち合わせをしてきましたが、これからは現場での打ち合わせとなります。
実際の空間での打ち合わせとなるので、目で見て感じて楽しく進められるかと思います。

まずは上棟おめでとうございます!

輪之内町の新築住宅 上棟 切妻屋根
上棟 切妻屋根
blog よく読まれている記事
2024.01.17

ガルバリウム鋼鈑外壁(輪之内町の新築住宅)

輪之内の現場では内部の壁天井下地が進み、ボードが張られてきています。天窓の開口部もボードが張られ、ぼんやりと明るさが分かるようになりました。玄関入って正面上部のロフト部分に設けているためかなり気になるポイントでもありましたが、とても良い感じで安心しました。 併せて、外部ではガルバリウム鋼鈑の波板と竪ハゼが進んでいます。 このおうちでは施主の要望で軒樋なしとし、竪ハゼで葺いた切妻屋根のハゼがそのまま

2023.02.02

清須市の現場写真

2024.01.05

新年のご挨拶 2024

あけましておめでとうございます。昨年に続き、どうぞ本年もよろしくお願い致します。 元日早々、能登半島地震を受けとても胸が痛い思いから始まった2024年。僕が物心ついてから経験した地震による震災は、阪神淡路大震災以降、年々スパンが狭くなってきているように思う。 調べると1年、1年半の間隔で震度6以上の地震が起こっている。向き合っていくしかない自然。平穏な日々では、「ここにこんな建物ができたらこの豊か

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ