見学会にて思うこと(輪之内町の平屋)

2024.04.24雑記
見学会にて思うこと(輪之内町の平屋):アトリエ永日
輪之内町の平屋

お施主様のご厚意を頂きまして、輪之内町にて平屋の完成見学会を行っております。
予約制とさせて頂き、各組1時間を想定してご案内しています。


今回は平日に来ていただける方が多く、時間にゆとりのある案内ができておりますが、必ずと言っていいほど、1.5時間、2時間くらいの時間を過ごしています。



施主の想いと、僕の想い、意匠的なことと使い勝手など、、このおうちが完成するまでお施主様と一緒に考え抜いたものですので、施主と同じ熱量をもってお話させてもらってます。
それに加え、見学いただいた方はこれからおうちを建てるか、改修するか考えている方たちですので、参考になるようなお話をし、可能な限り良い方向へ進むようお話もさせて頂いてます。


とすれば、やはり1時間では足りませんね。。
今回も嬉しいことにたくさんの方に来ていただき、
新しいプロジェクトもいくつかお話を頂いております。



この輪之内町の平屋では白くミニマルな空間なので、意匠的なところが目に入りやすく、見学いただいた方は「結構攻めてますね。」と言っている。笑
ただ、それと同時に意匠だけでなく家事動線や空間構成なども配慮していることにも声をかけて頂いてます。【洗面と脱衣は分ける、脱衣の横に外部の物干しスペース、脱衣の近くにファミリークローク】←この流れが間取れれば家事ストレスはかなり減るかと思います。


個人設計事務所は意匠に特化しているといまだに思っている方がいるようですが、実は意匠よりもこういった家事を減らすことを得意としていると思っています。それも各家族のオリジナルの行動を反映して。そのうえで意匠も素敵にすることでより豊かな生活が生まれると思います。


開催している今週末まで、まだまだご予約いただいてますので、
こういったことをたくさんお話しさせて頂き、より良い暮らしができる生活をつくっていけたらと思います。

手洗い
輪之内町の平屋
ロフトからダイニングを見る
blog よく読まれている記事
2022.04.29

豊田市民芸館,民芸の森

先日、以前勤めていた事務所の時に担当させてもらったお施主様から 「元気にしてますか?」 と連絡を頂きまして、僕が独立をしたことや最近の活動についてお話をしていたところ、 お会いしましょうとなり、本日 豊田市の方へ伺ってきました。 新居に入られてその後の生活をお聞きしました。 ちゃんとした素材を一つ一つ大工さんや職人さんが作り上げていく建物なので、素材による多少の不具合はあったそうですが(完成後1年

2023.11.30

輪之内町の新築住宅(現場打合せ)

先日、建て方を無事に終えた輪之内町の新築住宅の現場へ打合せをしに伺ってきました。 このおうちでもアルミサッシを部分的に使用しているのですが、一般的な収まりでは取り付けせずにダキおさまり(外壁から少し奥まって付ける)としています。 一般的な取り付け方だとアルミサッシが外壁ツラより少し出っ張る感じになり、「アルミサッシ!!」感が強く見えてしまいます。これをダキとすることで印象がガラッと変わります。 ま

2023.03.22

こどもエコすまい支援事業について

昨年、アトリエ永日で設計したいくつかの物件でも取得した「こどもみらい住宅支援事業」(60万円補助の仕様を取得していました)が本年度は「こどもエコすまい支援事業」へと名前が変わり、中身もだいぶ厳しいものとなりました。(一律100万円の補助額) なぜ厳しいかというと、”ゼッチ仕様”にする必要があり、これを満たすには太陽光パネルを乗せる必要が出てくるからです。もちろん乗せる前提で

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ