お引渡し 名古屋の改修現場

2022.04.04現場雑記
お引渡し 名古屋の改修現場:アトリエ永日
岐阜市の設計事務所アトリエ永日による名古屋市の改修住宅 シューズクローク写真
                                  シューズクロークから玄関を覗く

予てより工事を行ってました名古屋の改修住宅の引き渡しを行いました。

新しくなったおうちに、これからの生活にワクワクしていると言葉を頂き嬉しいなーと思っていたのは束の間、施主は沢山の機器説明を受け、建築的なお話し・説明もあり、

とても疲弊されたことだと思います。

工事開始は解体から始まったわけですが、いざ解体してみると思っていた以上に腐朽が進んでいる箇所や、柱が斜めであったり、いくつか問題が出てきました。

これらを現場監督さんはじめ、職人さんたちと逐一相談しながら進めていき、無事にお引渡しをするに至りました。

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による名古屋市の改修住宅 既存柱写真
    木の土台はなく石の上に乗せてある柱
岐阜市の設計事務所アトリエ永日による名古屋市の改修住宅 解体写真
   年代が違う構造が同居した土壁と漆喰壁

改修工事では今回のように予期せぬことが起こりやすいです。

何でもかんでも良い方向へ改善できれば良いですが、

施主には予算が限られています。

予算内でどこまでできるのか、どのようにすれば費用抑えつつ改善できるのかを考える必要があり、これがとても難儀なことです。

私一人では答えを出せないこともあり、今までお付き合いの長い施工チームと信頼関係を気づいているからこそ出来ることも出てきます。

建築は沢山の人が関わり、助けてもらいながら成り立つものだと再認識できる現場でした。

完成時には、改修前の面影はなく、、

本当に新築だと思うほどに変貌しました。

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による名古屋市の改修住宅 LDK
居間から食卓を覗く 手前の柱型には和紙を貼り表情を変えた

これからの長い人生をこのおうちで楽しく豊かに

過ごしてもらえることを願っております!!

blog よく読まれている記事
2024.01.05

新年のご挨拶 2024

あけましておめでとうございます。昨年に続き、どうぞ本年もよろしくお願い致します。 元日早々、能登半島地震を受けとても胸が痛い思いから始まった2024年。僕が物心ついてから経験した地震による震災は、阪神淡路大震災以降、年々スパンが狭くなってきているように思う。 調べると1年、1年半の間隔で震度6以上の地震が起こっている。向き合っていくしかない自然。平穏な日々では、「ここにこんな建物ができたらこの豊か

2022.06.10

羽島市の家 建て方

予てより進めておりました羽島市の新築住宅の建て方が行われました。 季節柄、雨が降る可能性が高いですが、すがすがしい青空の中進めることができました。 今まで図面や3D・模型で検討していたことが実際に建物として立上り、検討していたボリューム感が想定した以上に素敵だったので安心しました。 今まで経験してきた感覚や知識を基に設計していますが、 その土地に立ち上がるまでは安心しきれません。。 隣家の関係や道

2024.01.20

大垣市の新築住宅(クリーニング終了)

クリーニングも終わり、ちょこっとした仕上げを残すだけとなった大垣市の新築住宅。階段の1段目をそのままソファにつながるおさまりとしたため、オリジナルのソファクッションを置くこととしています。施主と相談する中でシンプルな単色のものが気になるということから、Ribacoの中から選定することに。ファブリックは日本大手だとSINCOLやSANGETSUですが、なかなかきれいな単色生地はなく、原色系やちょっと

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ