白模型

2022.09.20雑記
白模型:アトリエ永日
岐阜市の設計事務所アトリエ永日による白模型

最近は3Dパースがとてもリアルに出せるので、模型を作る機会が減ってきてます。

僕が建築を始めた当初も3Dパースはありましたが、今ほどソフトが使いやすくもなく、仕上がりもイマイチ、、手間がかかるものでした。

当時、模型を作って室内への日光の入り具合を模型に角度付けて照明を当てて検討したり、施主へのプレゼン時にイメージをしやすいようにする為作ってました。

それが最近は簡単に3Dデータを立ち上げ、レンダリングをかければ1日で完成させることができます。

家具や植栽、インテリア素材もソフト内に準備されていたり他サイトから引っ張ってこれたりもするので、単純に家具や小物がない不自然な室内ではなく、より生活している環境に近い空間を作成でき、リアルに見える表現ができるようになってます。

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による内観イメージパース

僕が使っているソフトでは、緯度、経度、方位など敷地情報を取り込むことができるため、3Dデータ上で日光がどれくらい室内に入ってくるのか、窓の大きさ、位置など開口部の検討が可能です。3Dを作り終え、レンダリングした画像を確認するといつも「おっいい感じやな」と思い、施主が喜んでくれるかなーっと思いにふけます。

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による内観イメージパース

ただ僕自身完成したパース画像を見てもあまり心にはグッときません。

3Dはイメージなだけであって偽物です。また雑誌や広告で見るような広角でのカメラ表現ができ、実際に目で見て、空気感を感じる広さとは違っているからです。

もう一つ、、、頭の中にあるイメージを3Dでアウトプットするわけですが、素材や色見を付けてしまうと、そのイメージが強くなってしまい、その後違った意匠に変わっていくかもしれない可能性を狭めてしまうことが怖かったりもします。笑

岐阜市の設計事務所アトリエ永日による白模型

ですので、施主が図面だけでは分かりにくいと思うので、「こんな感じですよー」とプレゼン時の補助的な役割として作成します。

上記のようにプランが固まるまでは考える幅を狭めないよう、模型を作るときも白模型とすることが多いです。(施主からの素材も張ってほしいという要望があるときは張ります!、、時間があるときは、、、)

最近は模型を作ることが少なくなりましたが、スチレンボードを切ったりバルサ材を付けたり、、作ることはとても好きなので時間を確保して作りたいと思います。

blog よく読まれている記事
2022.04.04

地鎮祭 羽島市の新築現場

昨年から計画しておりました羽島市での新築住宅の工事がスタートします。 工事に先立ち、大安吉日の昨日午後 地鎮祭を行いました。 当日午前中はなんとか雨降らずに行えるかなーっという天気でしたが、地鎮祭の時間に向け雨が強くなり、無事終えると急にやみました。 神主さん曰く「龍神様がお通りになられましたね。」とのこと。 いろいろお話を伺ってみると、地鎮祭だからと言って晴れていようが雨だろうが良い悪いはなく、

2023.06.06

大垣市の新築住宅

現在、見積調整中である大垣市の新築現場の解体が始まりました。市街化調整区域ということもあり建築許可が下りてからでないと解体工事が行えず、タイミングを見計らっておりました。 先週末から始まった解体工事は、順調に進んでいるようで建物の1/2が取り壊されたところまで来ていました。 ひととおり確認したかったことを済ませ、解体屋さんの重機捌きを眺めておりました。何事もその道のプロというものはすごいなと改めて

2023.03.03

清須市の新築現場

清須市の現場の確認に伺ってきました。 内部のボード張りもほぼ終わってきており、空間の広さが体感できるようになってきました。僕が一方的にお伝えすることしかできないようなことを施主にも体感してもらえる段階ですね。出来上がった時の広さや動線長さなどを体感してもらい、施主も安心しているのではないでしょうか。 これからボードのベージュ空間から仕上げへと進んでいきます。良い空間が出来上がっていく楽しみを都度、

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ