2022年もありがとうございました

2022.12.31雑記
2022年もありがとうございました:アトリエ永日

本年もありがとうございました。



昨年から引き続き築100年を超える住宅の改修に始まり、

新築住宅にもたくさん関わらせていただくことができました。


世界情勢や、コロナ猛威の影響を受け、気が落ちる日々が多いですが、

その中でもたくさんの方とお話をし、楽しく過ごさせていただけたのだなーっと思います。

ニュースでは社会人の生活の変化や、在り方への影響を受けていることが大きく取り上げられがちですが、学生たちへの影響も計り知れません。


非常勤講師として週に1回ほど名古屋モード学園に伺っているのですが、

学生たちと話をしていると、自分が大学生だった時代に比べ、とても窮屈に感じてしまいます。

旅行にも行けない、アルバイトも入ることができない、友達にも会えない、、

若いうちにたくさんいろんなものを見て、感じて、遊んで、感覚を刺激してほしいものですが、その経験が薄いまま世に出るタイミングが来てしまいます。


そういった経験が早ければ良い、多ければ良いというわけではないですが、

せっかくの若い時間というのは代えがたいものですよね。


コロナ以前の生活様式に戻ることは現在の生活様式がスタンダードになってしまった今、

社会のシステム上もう不可能でしょう。 ですが、早く世界情勢がある程度の平和的均衡を保ち、出歩きやすい社会に戻ってもらいたいものです。



私自身が情勢を動かすことはできませんが、そんな中でも、

おうちに帰ったら心が安らぐ

お店を尋ねたら楽しめる

そんな空間を提案し続け、少しでも豊かな気持ちになれるよう

設計業務に努めていきたいと思います!

blog よく読まれている記事
2022.10.25

高山探訪

先日、高山市にて開かれている『CHAIRMAKER TAKAYAMA JAPAN 椅子展』を尋ねてきました。このイベントは家具作家さん達が自分で製作した椅子を披露している魅力的なイベントです。 僕が家のダイニングで使用している椅子を製作していただいた coya fine furniture の小柳さんも参加しており、椅子を見るだけでなくお話しすることも楽しみに向かいました。 作家さんの想いや思想が

2022.09.20

白模型

最近は3Dパースがとてもリアルに出せるので、模型を作る機会が減ってきてます。 僕が建築を始めた当初も3Dパースはありましたが、今ほどソフトが使いやすくもなく、仕上がりもイマイチ、、手間がかかるものでした。 当時、模型を作って室内への日光の入り具合を模型に角度付けて照明を当てて検討したり、施主へのプレゼン時にイメージをしやすいようにする為作ってました。 それが最近は簡単に3Dデータを立ち上げ、レンダ

2022.09.26

MR.BRAUN

建築の世界に入ってからというもの、良い意匠(デザイン)とはどのようなものなのか? 自分自身の考えは正しいのか?過信していないか?、、、 と、思考を止めることができません。 僕がデザインを意識し始めたのは、高校生の頃に見たTSUTAYAの試聴機でした。あれで聞いているのがかっこいいと思った学生も多いのではないでしょうか。 当時、音楽を聴くと言ったらCD・MDコンポでしたが、それが試聴機は壁付のもので

建築に関するご相談、講義依頼など
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ